周南市の山々


  
         
山開きの行われる山

   @長野山
(4月29日)

   F太華山
(4月上旬の日曜日)


新春登山の行われる山

   
A虎ヶ岳

   Bおだいし山

   Cとおの山

   D炭倉山

   E金峰山

   F太華山

   G大高神山

   H四熊ヶ岳

   I千石岳

   J若山

   K昇仙峰

   L観音岳


  
 @長野山

   標高 1015m
   場所 周南市鹿野地区(上渋川)

 
-関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成16年8月号(No.3)p2「長野山・渋川地区」pdf

     西中国山地にある長野山は、山頂まで車道が通っており、緑地公園も整備されています。
     歩いて登るときは、中国自然歩道を通るとよいでしょう。
     夏は涼しく星空がきれいで、秋には滝に映える紅葉も楽しめます。
 
長野山からの夕景
  
ブナの原生林

整備された、長野山の山頂
 A虎ヶ岳(とらがたけ)

   標高 414m
   場所 周南市大河内地区

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成17年3月号(No.6)p2「大河内地区」pdf

虎ヶ岳 お楽しみMAPpdf
     周南市大河内と光市にまたがるようにしてそびえ立つ虎ヶ岳は、新春登山をはじめ登山大会も
     開催され、地元の皆さんに愛されています。
     常安寺や渓月院が登山口になっています。
 
登山口の常安寺

桜の季節の虎ヶ岳

虎ヶ岳からの初日の出

 Bおだいし山

   標高 458m
   場所 周南市中須地区

  -関連記事-
おだいし山 地図pdf
     中須八幡宮より登山道に出る“おだいし山”は、山頂より緑山、金峰山、十種ヶ峰が望めます。
 
登山道へ続く“中須八幡宮”
  
 Cとおの山

   標高 288m
   場所 周南市桜木地区

  -関連記事-
「とおの山」案内pdf
     初心者でも登りやすい“とおの山”は、地元の皆さんの手により東屋や展望台も山頂に
     整備されていて、ハイキング感覚で登れます。
     新春登山では、多くの登山客で賑わいます。



とおの山よりの眺望

 D炭倉山(すみくらやま)

   標高 519m
   場所 周南市長穂地区

  -関連記事-
炭倉山 地図pdf
     炭倉山は、ホタルの里の莇地(あどうじ)に登山口があります。
     登りやすい山で、頂上からは旧新南陽市方面が望めます。

奥に見える白い物も、登山口の看板です

炭倉山からの初日の出

 E金峰山(きんぽうざん)

   標高 789m
   場所 周南市大向地区

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成16年3月号(No.1)p8「金峰山」pdf

金峰山 登山道pdf
     周南市大向地区にある“金峰山(きんんぽうざん)”の下には向道湖が広がり、条件の整った
     日には、湖面に映った山姿を見ることが出来ます。
     地元のコミュニティのイメージキャラクターにも採用され、地域の人々に愛されている山です。
 
初夏の金峰山

大向地区のイメージキャラクター“きんぽーくん”

 F太華山

   標高 362m
   場所 周南市櫛浜地区

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成16年3月号(No.1)p2「太華山」pdf

瀬戸内海国立公園 太華山pdf
     周南市櫛浜地区にある“太華山”は登山道もありますが、頂上近くまで車で行くことも出来、
     夜には市街地や工場の夜景も楽しめます。
     山頂付近には、明治の文豪与謝野鉄幹の詠んだ句碑が建っています。
 
山頂よりの眺望

与謝野鉄幹の句碑

山開きの様子

 G大高神山(おおたかがみやま)

   標高 647m
   場所 周南市大道理地区

  -関連記事-
大高神山 地図pdf(大道理をよくする会)
     大道理地区にある“大高神山”は、山頂から瀬戸内海や工業地帯が望めます。
     頂上付近には、旧日本軍の施設がのこっていて、歴史を感じることが出来ます。

登山口の看板

展望所からの眺め

大高神山からの初日の出

 H四熊ヶ岳(しくまがたけ)

   標高 504m
   場所 周南市菊川地区(四熊)

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成18年9月号(No.15)p6「四熊ヶ岳」pdf

「棚田と金明水 小畑」pdf
     四熊ヶ岳の登山口は“四熊下権現”で、こちらでは新春登山の時の接待も行われます。
     また、山の麓には“金明水”“銀明水”の二つの湧水があり、わざわざ水汲みに訪れる人も見られます。
 
四熊ヶ岳からの初日の出

初日の出を拝む人々

“金明水”の水汲み場

 I千石岳(せんごくだけ)

   標高 630m
   場所 周南市和田地区

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成20年春号(No.22)p8「周南市の自然」pdf

千石岳 地図pdf
     “千石岳”は、周南市和田地区と山口市徳地の境界近くに位置し、小高くそびえています。
     頂上からは、麓に位置する“高瀬湖”から遠くは瀬戸内海、国東半島まで望めることもあります。
 
千石岳からの初日の出

初日の出にむかって、バンザイ!!

 J若山(わかやま)

   標高 217m
   場所 周南市福川地区・夜市地区

  -関連記事-
○機関紙「ふるさと かわら版
平成26年(No.43)p2「若山城跡と陶の道」pdf

若山 地図pdf(陶の道・若山城登城のみち)
     周南市福川地区と夜市地区にまたがる“若山”は、山頂に若山城跡があり、歴史好きの人も訪れます。
     山頂近くの駐車場までは車で行くことも出来、近所の人々の散歩コースにもなっているようです。

登城路入り口(登山口)

山頂に建つ石碑

本丸跡に咲く椿

 K昇仙峰(しょうせんぼう)

   標高 261m
   場所 周南市戸田地区

  -関連記事-
昇仙峰 地図pdf
     昇仙峰の名前の由来は、山麓に“正仙坊”という寺があったからとの事。。
     頂上はひらけた広場となっており、頂上付近には旧日本軍の施設が残っています。
 
昇仙峰からの初日の出

山頂での接待(新春登山)

 L観音岳(かんのんだけ)

   標高 408m
   場所 周南市湯野地区

  -関連記事-
湯野見て歩き 地図pdf
     麓に湯野温泉郷を持つ“観音岳”は、登山道で八十八ケ所めぐりも出来、いろいろ楽しめそうです。
     “観音岳”の名称は、江戸時代に頂上で、黄金仏が出土したことに由来しています。
 
登山口の楞厳寺(りょうごんじ)

初日の出にむかって、バンザイ!!

観音岳からの初日の出
 



周南市コミュニティ推進連絡協議会のページに戻る 
 

公益財団法人 周南市ふるさと振興財団
周南市コミュニティ推進連絡協議会事務局
〒745-0045 山口県周南市徳山港町3-21 港町分庁舎
TEL:0834-33-7701/FAX:0834-31-3655
 


Copyright (C) 公益財団法人周南市ふるさと振興財団 All rights reserved.