鹿野地区にある「旧鹿野公民館」。総合支所の移転候補地ということで、解体の方針が示され、昨年は地域のみなさんにより、感謝の気持ちを込めた「ありがとう公民館」というイベントも開催されましたが、7月の解体作業を目前に控えたタイミングで、今回は地域の若い世代の発案で、建物の壁面にペイントを施すという催しが行われています。
写真の通り、既にペイント作業は始まっていて、地元の有志の方や小・中学生の手により着々と描かれています。
今週末の6月12日(日)には、地域のみなさんが参加し、最後の仕上げになる作業が行われるそうです。どのような作品になるのか、楽しみですね。