戸田地区の元気な婦人会の皆さんと戸田地区コミュニティ推進協議会が協力して、プチ花いっぱい運動という取り組みを始めました。

 

この日は山口新聞の取材を受けるため婦人会会長さんと数名の会員さん、コミュニティの土屋会長が集まって下さいました。

先月末に植えた秋の花であるジニア、パンジー、キンギョソウ、ナデシコ、ビオラの5種類が通りがかる人の目を楽しませています。

現在、婦人会役員20名が1人プランター2鉢ずつ花を育てており、地区内13か所ほどに設置済み。これからは少しずつ数を増やして地区全体に広めていきたいと笑顔で話されていました。一つずつは大きな花壇ではないですが、何か所もあることで地区全体が華やかになり、コロナ渦でも楽しめるお散歩コースにも良さそうです。地区内を巡られる際の目印は、可愛い「婦人会看板」(←ある会員の旦那さんお手製(^^♪))

詳しい場所を示した❀フラワーマップ❀はこちら。戸田市民センター・支所で配布中です。

 

 

例年地域行事に大忙しの婦人会のみなさんですが、コロナで何も活動が出来ず寂しい思いをされていたそうです。コミュニティも同様で何か出来ないかと考えたところ、以前考え温めていたこのアイデアを思い出し、「今だ!」と実行したそうです。

コロナ渦でも出来ることを探して地域を盛り上げたい!と明るく話される笑顔が印象的でした。

貴重なお話と元気を分けていただきありがとうございました。