今回は、周南市北部に位置する鹿野地区を素敵な里山にするために活動している「鹿野の風」プロジェクトの方々が、今年から始めた“里山オープンガーデン”が開催中だという情報を聞き、

数か所伺って来ましたのでご紹介します。

 

「ギャラリーいとうのお花畑」(大潮)

      

和裁・洋裁ギャラリー伊藤さんのお庭です。幼い頃から花が大好きだという伊藤さんは、本業のギャラリーとお庭の手入れで大忙し。それでも綺麗に咲いてくれると嬉しいし、それを見た人が喜んで癒されてくれたらよいと笑顔でお話してくださいました。来年の3月にはカフェもオープン予定だそうです。

 

「たぬきの庭」(鹿野上)

   

農家レストランたぬきのお庭。たぬきの置物が目印の素敵なレストランを営む寺戸さんが大切に手入れされています。自然のありのままの姿にこだわって作られたお庭でには、ご自身で建てられた東屋もあり、生まれ育った鹿野の自然を愛する気持ちが伝わってきました。

 

「金峰の里」(鹿野下)

   

写真は4月下旬のものです。山桜を中心に植樹されており、防長の吉野をつくる会の方々が手入れされています。代表の尾崎さんは、訪れた人が喜んでくれると嬉しいからと汗を流して作業されていました。今は紫陽花が見頃かと思われます。

 

詳しい内容がたぬきさんのホームページに書かれていましたので参考に!

あまり大々的に行ってみてください!と言えないのが心苦しいのですが、とても癒される空間です。